ショップ運営にお役立ち!ecサイト運営ノウハウについて

慣れてしまうと売上が下がる。

ecショップの運営をすると商品選び、価格やポイントなどのサービスの設定、メールのテンプレートや商品紹介キャッチにSEO、広告展展開等、開店前まもちろん、開店後にしなければならない事はとてもたくさんあります。運営をしていく上で気を付けなくてはならない事があります。それは「知っている人の目線」になってしまう事です。
初めてネットで買い物する人が買いにくいと感じる購入遷移や入力項目など運営側の「売りたい」想いがサイトにでてしまい不便なサイトになって閉まっている事が多いです。予算を使って広告で来てくれたショップにとって非常に大切な新規顧客が使いにくいが理由で離脱してしまうと2回目に訪問してもらう事も難しくなります。買いやすいという事を常に頭に入れて、サイトの構築、更新を心掛けましょう。ネットで買い物をしない人に見てもらい率直な感想を聞くことで忘れていた気づきを得る事ができます。

理由のある値下げ以外は行わない。

売れている商品の値段が下がっている事はecショップではよく見かける光景です。
値段勝負になってしまうと、ずっと他のサイトよりも値段を下げて販売をし続けなければ会員はいつか離れて行ってしまいます。また、売れる商品も色々なサイトが値下げをする事でメーカーが卸販売を制限してしまい、手に入らなくなった、あるいは次回からはもう仕入れできないという事も多いです。値下げをすることは一時的には売上があがる手法でもありますが、継続して運営をしていく為にはやってはいけない事の一つです。長く売れるはずの商品の寿命も短くなりメーカーや仕入れ先からも信用も失い良い事は何もありません。セールなどの企画で自社の会員向けのみに発信する時でも例えば「決算セール」等の理由を付けて行いましょう。

クレジットカードで決済すると次回のお買い物に使えたり、商品と交換できるポイントが付くので現金で買うより少しだけお得です。